Journal

2017/08/17

イカットとあけび

ジャワ更紗のバティックはプリントで手描きの模様が
原始的でコミカルなとこが可愛いですが、
こちらは織りで模様を描く絣、イカットを中袋にしました。
バティックはロウやノリを使うので
そのぶん生地に負担がかかりますが、
イカットはそのストレスがないせいか風合いが柔らかい。

004.jpg

このイカットはバリに小学生の娘を連れて行った時のもの
もう10年近くなる!
早いモンです。

多色でトーテンポールみたいに顔や唐草模様っぽいのが多くて
こんなさっぱりとした色柄のものは少なかったと記憶してます。

今年の夏は雨ばっかでジメジメですが
あけびと絣は爽やかな夏だなぁ

 

2017/08/14

経年変化

 

きっちり四角いトートは中心部が補強されて縦の本数多く、
網目が全く動かない頑固モンです。

ぶん投げても平気。
古道具屋さんにある籐のスーツケースをテレビで見ました。
あれをコレで作ったものを見て見たい。笑
作りとしてはおにぎりを入れる竹製のカゴと同じで
二つの四角いカゴを上下重ねてベルトで止めるというもの。
用途に無理があるので作れませんが。笑

バリ島の手描きバティックの生地も残り少なくて
パッチワークにしています。
バティックは使ってみるとよくわかりますが、
日焼けや、水洗いによる色落ち、変色などがあります。
本当に私たちが今着ている服は変わりませんね。
もちろん色々な技術やケミカル処理をしているからなんですけど
とっても便利です。
その便利さの反対側にバティックやあけびがいるんだなと。
経年変化、自分と一緒に歳をとるものには
また格別な愛着を感じます。

 

 

2017/07/19

どんぐりの小判

39.jpg

40.jpg

まんまるのどんぐりは、カゴ部分がどんぐりの帽子みたいで

可愛いんですが、

肩にかけると ゴロンゴロンで落ち着かない(笑)

ので、小判型できました。

ハンドメイド感満載のステッチが

あけびの味かと・・

 

 

2017/05/18

バケット

いつもより ちょっと洋風

03-700.jpg

中にナイロン素材のグレンチェックを貼りました。

この生地繊維が細いので柔らかくてきれーなギャザーがよります。

だけどそのために手縫いの針がホントに刺さらなくて

難儀しました。

01-700.jpg

パフスリーブじゃないけど

シャーリング入りの巾着スカーフ付き

s-2-700.jpg

 

2017/05/11

浴衣的更紗

白地のバティックはジャワ更紗というより日本の浴衣

pa17.jpg

夏らしく涼しげで

pa23.jpg

浴衣にもボーダーのTシャツにもよく合います。

 

1 2 3 4