Journal

2018/06/08

ジャワ更紗のパイナップル」

p-100.jpg

高さ18センチ、口巾25センチの小ぶりな手さげ

底は四角いのに、下ぶくれの

丸いシルエットがパイナップルを連想します。

p-102.jpg

 

生地にバティックを使っています。

これはジャワ更紗という方がイメージに合うかも

白場がなくびっしりと模様の入った生地でカゴを覆うと

なんだか茶道具を入れる仕覆を連想してしまうせいか、

カバースカーフは袱紗のように二重だけど

妙なカタチに。でも、おさまりがいいように。

p-101.jpg